メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

「カネミ、次世代に被害」 母子手帳が頼り、乳幼児記録分析 長崎の医師、立証挑戦

 1968年10月に発覚した国内最大の食品公害「カネミ油症」で、被害が集中した長崎県の医師が今年4月から油症の次世代への影響について新たな調査を始めた。油症を巡っては猛毒のダイオキシン類が混入した食用油を口にした患者だけでなく、その子供や孫も被害を訴えているが、多くは救済されていないのが現状だ。次世代への影響に明確な科学的根拠がない中、医師は患者の母子手帳を手がかりに影響を評価しようと模索している。【浅野翔太郎】

 調査しているのは、長崎大離島医療研究所(長崎県五島市)の小児科医、小屋松淳(こやまつじゅん)さん(…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです