メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS

免疫細胞でがん抑制、マウス実験で成功 京大作製

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、効果的にがんを抑制できる免疫細胞「キラーT細胞」を作製し、マウスを使った実験でがんの進行を遅らせることに成功したと、京都大の金子新准教授(免疫再生治療学)のチームが15日付の米科学誌電子版に発表した。iPS細胞を使ったがん免疫療法の実用化につながる成果としている。

 体内のキラーT細胞はがんを攻撃し続けると、疲弊してしまうため、チームはiPS細胞から、若くて元気な攻撃能力の高いキラーT細胞の作製を目指した。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです