メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダムカレー

なぜ受ける? 全国で続々「建造」3年で3倍

特色あるダムカレーの例

 盛ったご飯をえん堤に、ルーを水に見立てた「ダムカレー」を出す店が全国で増えている。「日本ダムカレー協会」によると、この3年で3倍に増え、現在150店以上。ダムの形を忠実に再現したものから、多様なトッピングで彩られたものまでさまざまだ。何が受けているのか?

 協会を主宰する宮島咲(さき)さん(46)経営の和風レストラン「三州家」(東京都墨田区)を訪れ、さっそくダムカレーを注文した。深皿を半分に仕切るように、中央部分に少し曲がった壁のようにライスが盛られている。片側はカレーのルーで満たされているが、もう片側は底に福神漬けが入っているだけ。味はオーソドックスでおいしくいただいた。

 「これはカレーではなく、アーチ式のダムです。造形美を楽しんだついでに、食べてください」。そう語る宮…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1393文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです