メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

倉敷・真備町の浸水を映像で再現 東京理科大

 西日本豪雨で岡山県倉敷市真備(まび)町地区に浸水が広がっていく様子を、東京理科大の二瓶(にへい)泰雄教授(河川工学)らがシミュレーション映像で再現した。氾濫した川からあふれた水が西から東へと広がり、浸水の進み方に地域で時間差があることが分かったという。

 二瓶教授らは、真備町地区で堤防が決壊した小田川とその支流3河川の水量や、住民らへの聞き取り調査な…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです