メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ

望遠側600ミリの10倍ズームを使ってみた

シグマ60-600ミリ F4.5-6.3 DG OS HSM スポーツ(S018)を装着したキヤノンEOS1DXMark2=米田堅持撮影

 ミラーレス、一眼カメラ用の交換レンズとして、写真愛好家や旅行好きな人たちにもファンが多い高倍率ズームレンズ。1本で広角・標準から望遠までをカバーをすることが人気の秘密だ。交換レンズ・カメラ製造のシグマ(川崎市)が10月に発売した、600ミリをカバーする10倍ズームレンズ「60-600ミリ F4.5-6.3 DG OS HSM スポーツ(S018)」が、望遠撮影をする航空機・鉄道ファンの間で注目を集めている。【米田堅持】

 同社は、2014~15年にかけて2種類の「150-600ミリ F5-6.3 DG OS HSM」というオートフォーカス(AF)ズームレンズを発売した。同じ焦点距離、明るさ(F値)のレンズを、より高性能な「スポーツ(SO14)」、軽量で安価な「コンテンポラリー(CO15)」とクラスを分けて発売したにもかかわらず、2本とも売り上げが好調だった。そして、ユーザーから、600ミリまでの超望遠は維持したま…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです