メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

参院予算委員会で共産党の小池晃書記局長の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2018年11月7日、川田雅浩撮影

 今国会の論戦で安倍晋三首相の消極姿勢が目立つ。「質問通告がないので答えられない」と言ったり、答弁原稿を延々と棒読みしたり。首相が自身の考えを自身の言葉で語るのを聞きたい。そう思うのは私だけだろうか。【江畑佳明】

 日本国内での米軍の地位を定めた日米地位協定を巡り、7日の参院予算委員会で共産党の小池晃参院議員と首相らのやり取りがあった。日本に不利な協定を改定すべきだと小池氏がただすと、首相は米軍との「環境補足協定」締結などを例に挙げ、政府も努力していると反論した。

 環境補足協定は米軍基地内での環境汚染を日本側がチェックする仕組みを定め、2015年に締結した。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1059文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  4. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  5. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです