メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

参院予算委員会で共産党の小池晃書記局長の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2018年11月7日、川田雅浩撮影

 今国会の論戦で安倍晋三首相の消極姿勢が目立つ。「質問通告がないので答えられない」と言ったり、答弁原稿を延々と棒読みしたり。首相が自身の考えを自身の言葉で語るのを聞きたい。そう思うのは私だけだろうか。【江畑佳明】

 日本国内での米軍の地位を定めた日米地位協定を巡り、7日の参院予算委員会で共産党の小池晃参院議員と首相らのやり取りがあった。日本に不利な協定を改定すべきだと小池氏がただすと、首相は米軍との「環境補足協定」締結などを例に挙げ、政府も努力していると反論した。

 環境補足協定は米軍基地内での環境汚染を日本側がチェックする仕組みを定め、2015年に締結した。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです