メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
国会

衆院憲法審開催メド立たず 首相、側近起用が裏目に

改憲論議を巡る対立の構図

「職場放棄」発言、下村氏謝罪も暗雲晴れず

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長は15日、国会の憲法審査会の早期開催に消極的な野党を「職場放棄」と批判した自身の発言の謝罪・撤回に追い込まれた。しかし野党の反発は収まらず、衆院憲法審は開催のメドが立たない。安倍晋三首相は改憲本部長に下村氏、衆院憲法審の筆頭幹事に新藤義孝元総務相を充て、側近2人を「車の両輪」として議論を進める陣容を作ったが、裏目に出た形だ。【田中裕之、村尾哲】

 下村氏は15日朝の東京都内での講演で「野党の皆さんに不快な思いをさせてしまった。この場を借りておわびを申し上げたい」と述べ、その後、記者団に発言撤回を表明した。

 下村氏は既に憲法審幹事への就任を辞退したが、余波は収まらない。立憲民主党の辻元清美国対委員長は15日、記者団に「首相が言った(改憲議論の加速)ことを実現するために憲法審の幹事がバタバタしている」と批判。謝罪・撤回を講演などで済ませたことへの不快感も噴出。国民民主党の原口一博国対委員長は記者会見で「憲法を読み直し、(謝罪に)来られた方がいい。メディアから聞くのは違和感を禁じ得ない」と述べた。

 与党内の風当たりも強い。自民党の伊吹文明元衆院議長は15日の二階派会合で「理念が安倍さんと一緒だ、とかいうだけでポストに就いても、なかなか物事はうまくいかない。話し合いの場に各党に出てもらうのは最大会派の責任だ」と指摘。その上で「ちょっと間違ったり失敗しても、野党と太い信頼関係と人脈があればあまり追及されない。毎日、野党との人間関係構築に努めれば、皆さんの将来にきっとプラスになる」と若手を説諭した。

 衆院憲法審幹事を務める公明党の北側一雄副代表は会見で「職場放棄という発言は適切と全く思わない。野党の皆さんの主張もそれはそれで理解していかないといけない」と苦言を呈した。下村氏はこの後の衆院本会議の際に議場内で北側氏の席に赴き、謝罪した。

 野党の反発で15日の衆院憲法審は見送られ、次の定例日の22日の開催も見通せない。通常国会から積み残しの国民投票法改正案の成立でさえ、12月10日までの国会会期の延長がなければ困難な情勢だ。この中で下村氏は15日午後になり、野党の反発を招きかねない発言を重ねた。保守系団体の会合で「『護憲だ』と言って(憲法に)指一本触れさせないところもある中で非常に苦慮している」と発言。自民党憲法族は「今国会ではもう論議ができないのではないか」と嘆いた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです