メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島

楢葉中生徒が自作「ユズ商品」を販売

特産のユズを使ったパウンドケーキやワッフル、アロマキャンドルやハンドソープを販売する楢葉中の生徒たち=東京都中央区の日本橋ふくしま館ミデッテで2018年11月15日、尾崎修二撮影

都内の県アンテナショップで

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難を経て昨年4月に地元で再開した福島県楢葉町立中学の生徒が15日、自分たちで開発した菓子や雑貨を東京都内の県アンテナショップで初めて販売した。町の特産として復活を目指すユズを原料に使い、古里の魅力を発信した。

 2015年9月に避難指示が解除された町では、小中学生が事故前の15%(約100人)にとどまる。一方で同中は少人数の分充実した教育を目指してお…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです