メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染研

検査体制強化 エボラ出血熱など5ウイルス輸入へ

 国立感染症研究所は15日、エボラ出血熱など危険性が特に高い感染症の発生に備えるため、海外の研究機関から5種類の病気の原因ウイルスを輸入する計画を公表した。2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、感染者が発生した国からの渡航客の増加が予想されるほか、訪日外国人も増加しているため、検査体制の強化が必要と判断した。

 この日、東京都武蔵村山市で開かれたウイルスを扱う同研究所村山庁舎の周辺住民とでつくる協議会の会合で…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです