高松高裁

伊方原発避難計画「不十分」 早急な対策求める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

「運転差し止め」住民側敗訴

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを同県の住民が求めた仮処分申請の即時抗告審で、高松高裁(神山隆一裁判長)は15日、申し立てを棄却した。決定では四電による大地震の揺れ、火山噴火の想定をいずれも妥当と判断。一方で半島の付け根にある原発周辺の住民避難計画を「不十分」とし、国などに早急な対策を求めた。

 昨年7月に松山地裁が仮処分申請を却下し、住民側が即時抗告していた。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文802文字)

あわせて読みたい

注目の特集