メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養殖トラフグ

「敦賀ふぐ」姉妹都市の水戸で即売会

買い物客でにぎわう敦賀ふぐのコーナー=水戸市の京成百貨店で2018年11月15日、高橋一隆撮影

 海岸部でのトラフグ養殖「北端の地」とされる福井県敦賀市。地元ブランド「敦賀ふぐ」を首都圏で売り込もうと15日、姉妹都市の水戸市の百貨店で養殖業者らが即売会を実施した。

     低水温で育つ敦賀ふぐは引き締まった食感の逸品だが、知名度は今一つ。そこで、水戸市と交流する都市の特産品を集めた物産展に参加した。

     幕末に敦賀で処刑された攘夷(じょうい)派の水戸藩士らを地元民が手厚く弔ったエピソードから、両市は53年前に姉妹都市になった。地元は「長年の友好が福も呼び込めば」とフグの普及に期待。【高橋一隆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
    2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
    3. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
    4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
    5. 日産 ゴーン前会長の名誉博士号、褒章どうする?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです