メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

中央アフリカのゴリラが異例の個体数回復、「絶滅寸前」脱する

 11月15日、国際自然保護連合(IUCN)は中央アフリカのマウンテンゴリラの分類を、「絶滅寸前(Critically Endangered)」から除外し、これより危険度の低い「絶滅危機(Endangered)」に再分類した。今年の調査で劇的な個体数回復がみられたためという。写真は3月ウガンダで撮影(2018年 ロイター/Baz Ratner)

 [ゴマ(コンゴ) 15日 ロイター] - 国際自然保護連合(IUCN)は15日、中央アフリカのマウンテンゴリラの分類を、「絶滅寸前(Critically Endangered)」から除外し、これより危険度の低い「絶滅危機(Endangered)」に再分類した。

     今年の調査で、2008年に680頭だった生息数が、1000頭に増え、異例かつ劇的な個体数回復がみられたためという。

     IUCNの霊長類専門家リズ・ウィリアムソン氏はロイターに、「マウンテンゴリラの個体数増加は素晴らしいニュースだが、種は依然危険にさらされており、保護努力は継続していかなければならない。マウンテンゴリラの個体数にとって最大の脅威は、新型で感染力の強い疾病。これらは制御がきわめて困難だ」と述べた。

     自然保護ネットワーク「Greater Virunga Transboundary Collaboration」のアンドリュー・セグヤ氏は、ゴリラの個体数増加は、生息地を拡大し、生息地のコミュニティのため資金を調達する必要があることを意味すると指摘。「危険度の低いレベルへの分類はわれわれの努力が実っていることを示しているが、手を休めてはいけない。まだまだ多くの仕事をしなければならない」と述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
    3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
    5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです