メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道支援

鉄道愛でお宝再生 ファン、ネットで資金募り 廃線の転車台や明治の駅長宿舎

 全国の鉄道ファンがインターネットを通じて資金を出し合い、廃線となった路線の設備保全や、経営が厳しい路線の支援に乗り出している。一部は観光スポットになっており、各地のファンがイベントで交流。地域活性化に期待が高まる。

 1989年に廃線となったJR北海道の標津(しべつ)線では、終点の根室標津駅(標津町)跡地に機関車を方向転換する手押し式の転車台が残されている。数百メートル離れた公民館近くには、標津線で使われていた蒸気機関車(SL)C11形が展示されていた。いずれも老朽化し、傷みが目立っていた。

 双方を組み合わせて新たな観光資源にしようと、地元の建設業者らが昨年、転車台保存会を設立。クレーンを…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 不祥事相次ぎ首相「国民、納税者に大変申し訳ない」 参院代表質問で

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです