メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

小田和正 唱歌はすべてを浄化する

撮影:菊地英二

 この空気は何だろう。そう思いながら聞いていて思い浮かんだのが“教会”だった。

 それは“宗派”とか“教義”などとは関係がない。“宗教的”ということでももちろんない。でも、ステージと客席が作り出す空間に共通するものがあるように思った。

 5月から始まったアリーナツアーの本来なら最終日。地震や台風、自然災害や天候異変に見舞われながらの48本全公演完売。大阪2公演は地震のため来年に延期になった。最中の9月に71歳を迎えた。史上最年長アリーナツアーである。

 恒例となっている全国ご当地ふれあい映像を入れて3時間20分。曲数は何と32曲あった。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです