メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白尾灯台

104年の歴史に幕 今後は観光スポットに かほく /石川

操業を終えた白尾灯台=石川県かほく市白尾で、金沢海上保安部提供

 全地球測位システム(GPS)などの航海計器の発達により、全国の灯台が次々と姿を消している。県内では9月にかほく市白尾の白尾灯台が操業を終了し、初点灯から104年の歴史に幕を閉じた。今後はLED照明を備えた観光スポットとして地域を照らす予定だ。【石川将来】

 海上保安庁は2013年度、必要性が低いと考えられる全国の灯台をリストアップした。各地の海上保安部が地元の意見を聞き、了承を得られたものについては順次、廃止の手続きを進めている。背景には、借地などに立つ灯台の維持・管理を巡る厳しい予算事情があるという。

 県内では19基が選ばれた。そのうち白尾灯台と能登島灯台(七尾市)、能登城ケ埼灯台(能登町)を除く1…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです