メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十人絵師展

百花繚乱の浮世絵120点 地元出身者がモデル 国貞「幡随長兵衛」も 唐津 /佐賀

 唐津市の市近代図書館の特別展「百花繚乱(りょうらん) 浮世絵十人絵師展」が、同図書館美術ホールで開かれている。葛飾北斎や喜多川歌麿など江戸時代中期から幕末にかけて中心的役割を担った浮世絵師の作品約120点を紹介しており、観覧者は国内を代表する絵師の作品を楽しんでいる。12月9日まで(月曜休館)。【原田哲郎】

 特別展は、地方ではなかなか触れることのできない貴重な美術作品を市民らに身近で鑑賞してもらおうと毎年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです