メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/4 出稼ぎ、日本より中東

マニラ国際空港にある出稼ぎ労働者用のターミナル入り口に並ぶフィリピン人=武内彩撮影

 「寂しいけど、頑張って!」。フィリピンの玄関口・マニラ国際空港では連日、大きな荷物を抱えた男女が家族に見送られ、海外に旅立つ。「OFW(Overseas Filipino Workers)」と呼ばれる出稼ぎ労働者だ。空港ターミナルには専用のゲートや出国審査カウンターもある。2062年まで生産年齢人口(15~64歳)が増えると予測されるフィリピンは、国境を超えた労働力供給源となっている。

 「夫婦が離れるのはつらいが、どちらかが出稼ぎすれば、生活は楽になる。2年間は戻らないつもり」。マニ…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1651文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです