メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

「56年宣言基礎」日露に深い溝 北方2島、安保・主権焦点

 安倍晋三首相は16日の内外記者会見で、ロシアとの北方領土交渉の進展や平和条約締結に改めて強い意欲を示した。「平和条約締結の後、歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を引き渡す」と規定した日ソ共同宣言(1956年)を基礎に交渉を加速化することで合意した首相とプーチン大統領。しかし、プーチン氏は引き渡し後の両島に米軍基地が置かれることを強く懸念し、両島の主権も協議対象だと述べて日本をけん制する。2島の返還ですら、安全保障問題や主権などを巡って厳しい交渉となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです