連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

「56年宣言基礎」日露に深い溝 北方2島、安保・主権焦点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は16日の内外記者会見で、ロシアとの北方領土交渉の進展や平和条約締結に改めて強い意欲を示した。「平和条約締結の後、歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を引き渡す」と規定した日ソ共同宣言(1956年)を基礎に交渉を加速化することで合意した首相とプーチン大統領。しかし、プーチン氏は引き渡し後の両島に米軍基地が置かれることを強く懸念し、両島の主権も協議対象だと述べて日本をけん制する。2島の返還ですら、安全保障問題や主権などを巡って厳しい交渉となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2368文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集