メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日豪首脳会談

共同訓練協定「早期妥結」 米中意識し連携

 【ダーウィン(オーストラリア北部)小山由宇】安倍晋三首相は16日、オーストラリア北部のダーウィンで、8月に就任したモリソン首相と初めて会談し、自衛隊と豪軍が相手国で共同訓練する根拠を定めた「訪問部隊地位協定」の来年の早期妥結や、自由貿易の推進で一致した。日豪は準同盟国として関係を強化し、中国の海洋進出や米国の保護主義に備える考えだ。

 安倍首相は共同記者発表で「『自由で開かれたインド太平洋』構想を実現するため、日豪の戦略的パートナーシップを深化させる」と表明。モリソン氏は「我々は民主主義を支持し、保護主義に反対する。貿易に開かれた姿勢が地域の繁栄に不可欠だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです