メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

公然化する「ウラの言論」=保阪正康

感性と記憶に頼らぬ歴史観を

 平成という元号は、あと半年ほどで終わる。次の元号がどのようになるのか、人々の関心も日々高まっている。あれこれ予想しての歴史談議も盛んになっているようだ。ところで、この平成という時代は、どのように語り継がれるのだろうか。昭和とは異なった時代様相であるだけに、歴史的には多様な言い方がされるのではないかと思う。

 昭和は「戦争」という語が軸になって語られてきた。いわば戦争の持つ加害性、そして被害性が混在しながら…

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです