メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「新兵器実験成功」 韓国「長距離砲」と推定 正恩氏が現地指導

 【ソウル渋江千春】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が国防科学院の試験場で新たに開発した「先端戦術兵器」の実験を現地指導したと報じた。金委員長による兵器に関する実験の現地指導は昨年11月29日に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」が発射された時以来。

 同通信は、兵器について「長期間研究開発されてきた」「我が国家の領土を鉄壁で防衛して人民軍の戦闘力を著しく強化する上で大きな意義を持つ」と評し、実験も成功したとしたが、兵器の詳細については明らかにしていない。党機関紙「労働新聞」も2面で現地指導する金委員長の写真を掲載したが、兵器自体の写真は掲載していない。聯合ニュースは、韓国政府の消息筋が新型の長距離砲と推定していると報じた。米国の強い反発が予想…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです