メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「安息の地」へ

同時進行ルポ 15日・エルモシジョ 滞在認めずバス輸送

キャラバン参加者の夜食の準備に忙しいヒルベルト・レサマ神父=メキシコ北西部エルモシジョで15日

 治安の悪化と貧困を逃れ中米諸国から米国を目指す移民集団「キャラバン」は、分散しながらメキシコ西部を北上する。ソノラ州エルモシジョにある民間の移民支援施設では、ボランティア約10人がキャラバンのため夜食を調理していた。この日を到着のピークとみて500人分用意するが、移民たちの姿を見かけない。

 「こんなにたくさんの食事を用意するのは初めてだ」。仲間と五つの大鍋を火にかけた施設代表、ヒルベルト・レサマ神父(50)は、蒸し暑さから額の汗を拭う。米やトウモロコシなど、約50平方メートルの調理室には食材が山積みだ。調理台では2人が肉を包丁で切り分け、3人がトウモロコシの皮をむく。

 貨物列車の線路近くにある施設は、約10年前にキリスト教関係者らが人道支援のため始め、無料で食事を提…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1047文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです