メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

シティーを揺るがす人材流出=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 ロンドンの金融街シティーで先日次のような話を聞いた。「欧州大陸出身の社員が会社を辞めて帰国するケースが最近増えている」

 従来は欧州において金融業で最もいいサラリーがもらえる街はロンドンだった。それゆえ優秀な人材が欧州連合(EU)中からそこに集まっていた。しかしBrexit(英国のEU離脱)の動向次第では、彼らの先行きの雇用は不安定化する恐れがある。

 ロンドンの金融センターとしての地位が欧州大陸のどこかの街に丸々シフトする可能性はほとんどないといえる。しかし欧州大陸の中には、「この際ロンドンから奪えそうな金融ビジネスはできるだけ奪っておこう」と狙っている地域はある。そういったところの金融機関は、スキルを持った自国出身者がロンドンから帰ってくるなら喜んで採用しているようだ。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです