メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

美しい日本語伝えたい

「顔を動かして『あいうえお』を言ってみよう」。子どもたちに指導する常世晶子さん(左)と茂木亜希子さん=東京都北区で田村佳子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 今どきの小学生の宿題といえば教科書の「音読」。子どもに適切な読み方を教える自信、ありますか? 「日本語の美しい発声」を伝えたいと活動する元アナウンサーの授業をのぞいてみた。

 ●元アナ2人が指導

 東京都北区立西が丘小で10月に行われた特別授業は、学芸会に向けて上手な発声方法を知ってほしいと企画された。

 元気いっぱいの2年生を前に、講師の常世晶子さん(45)と茂木亜希子さん(41)は「声を出す前に体を柔らかくすると、もっと上手に読めますよ」と声をかける。手をブラブラさせたり全身を動かしたり。運動する前の準備体操のようだが、プロのアナウンサーも体をほぐしてから話すそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1967文字(全文2270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです