メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

美しい日本語伝えたい

「顔を動かして『あいうえお』を言ってみよう」。子どもたちに指導する常世晶子さん(左)と茂木亜希子さん=東京都北区で田村佳子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 今どきの小学生の宿題といえば教科書の「音読」。子どもに適切な読み方を教える自信、ありますか? 「日本語の美しい発声」を伝えたいと活動する元アナウンサーの授業をのぞいてみた。

 ●元アナ2人が指導

 東京都北区立西が丘小で10月に行われた特別授業は、学芸会に向けて上手な発声方法を知ってほしいと企画された。

 元気いっぱいの2年生を前に、講師の常世晶子さん(45)と茂木亜希子さん(41)は「声を出す前に体を柔らかくすると、もっと上手に読めますよ」と声をかける。手をブラブラさせたり全身を動かしたり。運動する前の準備体操のようだが、プロのアナウンサーも体をほぐしてから話すそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1967文字(全文2270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです