メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 日本1-1ベネズエラ 酒井先制、森保Jドロー 決定機逃し不完全燃焼

【日本-ベネズエラ】前半、シュートを決める酒井(右)=徳野仁子撮影

 サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップが16日、大分・大分銀行ドームで行われ、日本(国際サッカー連盟ランキング50位)はベネズエラ(同29位)と1-1で引き分け、森保一監督就任後の連勝が3で止まった。日本は前半39分に酒井(マルセイユ)のボレーで先制したが、後半にPKを与えて追いつかれた。

 日本は20日に愛知・豊田スタジアムでキルギス(同90位)と対戦する。

 ▽大分銀行ドーム(観衆3万3364人)

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. フジ三田友梨佳アナ、磯野貴理子の離婚理由に「女性として一番言われてつらい言葉」(スポニチ)
  4. 即位とは何か 天皇の血筋が意味するもの
  5. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです