メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 小平、30連勝 500メートル

スピードスケート女子500メートルで滑走する小平=貝塚太一撮影

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦は16日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕し、平昌五輪の女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)が同種目で37秒49で優勝した。この種目で、2016~17年シーズンから続くW杯の連勝を16に伸ばし、国内外のレースで30連勝とした。W杯通算20勝目。辻麻希(開西病院)は3位、高木美帆(日体大助手)は6位。

 女子団体追い抜きでは、高木美、高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)の日本が2…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです