メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米野球

若侍、20年へ経験積み 米強打者に臆せず/国際舞台で7盗塁

日米野球第6戦の二回、源田の3点適時三塁打で生還した森(右端)らを迎える稲葉監督(右から2人目)と金子ヘッドコーチ(同3人目)=大西岳彦撮影

 日米野球は日本の通算5勝1敗で幕を閉じた。日本代表「侍ジャパン」は、15日に行われた最終の第6戦も米大リーグ(MLB)オールスターチームに4-1で快勝。若手に経験を積ませながら、2020年東京五輪に向けたチーム作りを進める稲葉監督は「少しずつ形が見えてきた」と手応えをのぞかせた。

 攻撃では足で相手を苦しめた。対戦経験のほとんどない投手を相手に、選手が自らの判断で積極的に走って計7盗塁。第4戦では2点を追う九回に田中和(楽天)、田中広(広島)の盗塁を絡めて逆転勝ちした。柳田(ソフトバンク)らの力強い打…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです