メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

白虎隊士墳墓域 国登録記念物に 会津若松

「会津飯盛山白虎隊士墳墓域」内にある白虎隊十九士の墓=福島県会津若松市一箕町の飯盛山で、湯浅聖一撮影

 国の文化審議会(佐藤信会長)は16日、戊辰(ぼしん)戦争(1868年)で自刃した会津藩白虎隊士をまつる「会津飯盛山白虎隊士墳墓域」(福島県会津若松市)を国の登録記念物(遺跡関係)に、野口英世の生家(猪苗代町三ツ和)を登録有形文化財(建造物)に登録するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。今年は戊辰戦争150年と、野口英世没後90年の節目の年で、ゆかりの名所が初めて国の文化財として登録される。【柿沼秀行、湯浅聖一】

 白虎隊士は新政府軍との戦いで死傷者が続出して飯盛山(標高314メートル)に退却、黒煙に包まれた鶴ケ城を見て落城したと錯覚し自害したとされる。墳墓域は約1485平方メートル。明治時代に整備され、1890年に自刃した19士、1900年には各地で戦死した31士の墓がそれぞれ建立された。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  2. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  3. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  4. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  5. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです