サクラエビ

秋の初漁を延期 個体小さく 静岡の漁協

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サクラエビの天日干し作業=静岡市清水区で、喜屋武真之介撮影
サクラエビの天日干し作業=静岡市清水区で、喜屋武真之介撮影

 静岡県桜えび漁業組合(望月武組合長)は16日、漁に適した大きさに育ったサクラエビが十分な数いる群れが確認できないとして、同日夜に予定されていた秋の初漁の延期を決めた。18日に改めて会合を開き、本格操業の見通しについて協議する。

 この日は由比漁港(静岡市)と大井川漁港(焼津市)で説明会があり、12日…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

あわせて読みたい

注目の特集