メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

婦人科

不妊の要因か「慢性子宮内膜炎」 治癒後に改善

ブログ「ポチ子の不妊漫画」より

 細菌に感染するなどして子宮内部に生じた炎症が続く「慢性子宮内膜炎」が、不妊治療の現場で注目を集めている。抗菌薬を使って治したところ、患者の妊娠率が6割超に大幅改善した。慢性子宮内膜炎は自覚症状がほとんどなく、専門家は「不妊の原因として見逃されている女性が少なくないはずだ」と訴えている。

 3年にわたる「妊活」を描いたコミックエッセー「コウノトリのかくれんぼ」(セブン&アイ出版)を今夏出版したポチ子さん=筆名=は、7月に自身のブログで慢性子宮内膜炎であることを明かした。不妊治療を繰り返しても妊娠できず、検査をした医師の勧めで調べたところ判明した。不妊の原因を探していたため、「驚きと同時に『やっと引っかかってくれた』という気持ちになった」という。慢性子宮内膜炎の治療を終え、不妊治療を再開した後、無事妊娠した。

 慢性子宮内膜炎は、細菌感染などによって子宮内膜に生じた炎症が続く病気だ。発症率は女性の数%から約1…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです