メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

城東が2年連続12回目の花園 徳島

【城東-つるぎ】トライを決め、拳を掲げて喜ぶ城東の選手たち=徳島市入田町の市球技場で2018年11月17日午後2時50分、岩本桜撮影

 第98回全国高校ラグビー大会徳島県大会(徳島県ラグビー協会、同県教委など主催、毎日新聞社など後援)は17日、徳島市入田町の市球技場で決勝があり、城東がつるぎを33-19で破って優勝を果たし、2年連続12回目の全国大会出場を決めた。【岩本桜】

 試合は前半11分、城東が左ラックから右に展開し、そのままCTBの三木が先制トライ。14分には「自分のプレーで流れを変えようと思った」と三木がゴール前ラックから抜け出し、中央に連続トライを決めた。城東は前半終了時には7点差に迫られるも、後半5分…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです