入管法改正案

調査データに集計ミス 審議入り見送り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院法務委員会理事懇談会が休憩に入り、大勢の報道陣を前に話し合う葉梨康弘委員長(右)と立憲・山尾志桜里氏(左)ら=国会内で2018年11月16日午後2時49分、川田雅浩撮影
衆院法務委員会理事懇談会が休憩に入り、大勢の報道陣を前に話し合う葉梨康弘委員長(右)と立憲・山尾志桜里氏(左)ら=国会内で2018年11月16日午後2時49分、川田雅浩撮影

 外国人労働者受け入れ拡大に向けた入管法改正案を巡り、法務省は16日の衆院法務委員会理事懇談会で、失踪した技能実習生への聞き取り調査結果に集計ミスがあったと明らかにした。調査人数や「失踪の動機」の内訳が誤っていたほか、実習生への実際の質問とは異なる集計項目があることも判明し、野党が猛反発。立憲民主党は葉梨康弘委員長(自民)の解任決議案を提出し、与党は予定していた改正案の実質審議入りを見送った。

 改正案の審議入りは20日以降にずれ込む見通し。政府・与党が目指す来月10日までの国会会期内の成立は微妙な情勢になってきた。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1082文字)

あわせて読みたい

注目の特集