メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄稿

「なぜ危険な国へ行くのか?」 国境なき医師団日本

ジェレミー・ボダン国境なき医師団日本事務局長

ジェレミー・ボダン事務局長

 内戦が続くシリアに2015年6月、取材のため入国して武装勢力に拘束され、今年10月、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さんを巡り、紛争地での取材活動に対するさまざまな意見が出ている。戦闘地域を含む世界各地で医療活動を続ける国際NGO「国境なき医師団(MSF)」日本のジェレミー・ボダン事務局長は毎日新聞への寄稿で、危険な場所だからこそ、現地の人々を支援し状況を世界に知らせる必要があると強調した。【和田浩明】

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1182文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです