メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子ゴルフ

稲森佑貴2位 松山英樹と石川遼は33位

 男子ゴルフのダンロップフェニックス(宮崎・フェニックスCC7027ヤード、パー71)第2日は16日、エミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)が67で回り、通算8アンダーで単独首位に立った。4バーディー、1ボギーの稲森佑貴が2位につけ、世界ランク1位のブルックス・ケプカ(米国)は5アンダーで7位に浮上した。同じ組で回った松山英樹と石川遼はともに1アンダーで33位になった。通算1オーバーまでの61人が決勝ラウンドに進み、賞金ランキング4位の池田勇太は2オーバーで予選落ちした。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです