メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

驚異の修正力みせた羽生 世界最高を自己更新

 SP、フリー、合計でルール改正後の世界最高得点をマークしたフィンランド大会から得点を引き上げることを目標としていた羽生は「今回の演技ならノーミスと胸を張って言える」。SPで全てのジャンプを成功させて前回の世界最高を3.84点更新し、キス・アンド・クライで破顔した。

 高い修正能力を発揮した。15日の公式練習で4回転サルコーは踏み切りの際に右肩が下がりすぎていたため、空中でバランスを保てずにミスが目立った。しかし、本番では冒頭に流れるような着氷で「納得できる…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです