メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

得点機逃すもアクシデント理由にならず

【日本-ベネズエラ】前半、シュートを放つ中島(奥)=大分銀行ドームで2018年11月16日、徳野仁子撮影

 △日本1-1ベネズエラ△(16日、大分銀行ドーム)

 前代未聞のアクシデントが襲ったとはいえ、決めるべきところで決められない。日本を苦しめたのはアクシデントではなく、自らのプレーだった。

 交通渋滞で到着が大幅に遅れ、ピッチでのウオーミングアップすらできずに始まった試合。森保監督は「これまでと同じようにアグレッシブな入りを求めた」。しかし、酒井は「前半はきつかった。アップが外か中かでは全然違う」と言う。選手たちが異変を感じていたとはいえ、流れの中から得点…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです