メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

「即戦力」でも「移民」は否定の不思議 日本には長い移民の歴史

入国管理法改正案の審議が始まる衆院本会議に臨む安倍晋三首相(手前)と山下貴司法相=国会内で11月13日、川田雅浩撮影

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案の国会審議で、安倍晋三首相は「移民政策を取る考えはない」と強調している。とはいえ、小売店や飲食店など労働力不足の現場は、既に多くの外国人に支えられている。人口減少に直面して「即戦力」となる外国人労働者の受け入れ拡大を打ち出す一方、地域や社会の一員として受け入れる「移民」を強く否定することの意味を考えた。【佐藤丈一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3669文字(全文3863文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. 京アニのスタジオで爆発 けが人多数 男がガソリンまいたか
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです