メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

日本と台湾の協力で続く戦没者慰霊祭 バシー海峡

 台湾とフィリピンを隔てるバシー海峡は太平洋戦争中、旧日本軍にとって重要な物資輸送ルートだった。だが日本の輸送船は米潜水艦による魚雷攻撃の標的となって多くが撃沈され、海峡は「輸送船の墓場」と呼ばれた。この海域では10万人とも言われる日本人が犠牲になったが、あまり知られずにきた。海峡を見渡せる台湾の岬で戦没者慰霊祭が始まったのは、戦後70年たった2015年のことだ。その陰には多くの台湾人と日本人の努力があった。4回目を迎えた慰霊祭を現地で取材した。

この記事は有料記事です。

残り2554文字(全文2779文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです