メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アフリカノート

性暴力、絶えぬコンゴ 「安価な戦争の武器」に

武装集団に夫を殺害された後、レイプされた女性=「国境なき医師団」提供

 私はレイプされ、子供たちは殺された--。

 今年のノーベル平和賞を受賞したコンゴ民主共和国の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏が長年にわたり告発してきた「武力紛争下の性暴力」。国際NGO「国境なき医師団」(MSF)が先日公表した報告書は、今なお被害に苦しむ人々が驚くほど多いという事実を明らかにしている。

 MSFによると、同国中央カサイ州の州都カナンガ市で2017年5月~18年9月に治療した性暴力の被害者は2600人に上る。このうち8割が武装した男らにレイプされたと訴えたという。

 「私は自宅でレイプされました。首を切られた夫の遺体の隣で、その場には子供たちもいました。私には5人…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1545文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小泉大士

ヨハネスブルク特派員。インドネシアの邦字紙で7年間勤めた後、2006年入社。さいたま支局、社会部を経て、2016年4月から現職。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです