連載

アフリカノート

南アフリカ・ヨハネスブルクを拠点にアフリカの気になるニュースや話題を紹介します。

連載一覧

アフリカノート

性暴力、絶えぬコンゴ 「安価な戦争の武器」に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
武装集団に夫を殺害された後、レイプされた女性=「国境なき医師団」提供
武装集団に夫を殺害された後、レイプされた女性=「国境なき医師団」提供

 私はレイプされ、子供たちは殺された--。

 今年のノーベル平和賞を受賞したコンゴ民主共和国の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏が長年にわたり告発してきた「武力紛争下の性暴力」。国際NGO「国境なき医師団」(MSF)が先日公表した報告書は、今なお被害に苦しむ人々が驚くほど多いという事実を明らかにしている。

 MSFによると、同国中央カサイ州の州都カナンガ市で2017年5月~18年9月に治療した性暴力の被害者は2600人に上る。このうち8割が武装した男らにレイプされたと訴えたという。

 「私は自宅でレイプされました。首を切られた夫の遺体の隣で、その場には子供たちもいました。私には5人の子供がいましたが、彼らは年上の3人の娘をレイプしてから殺しました」。被害者のマミーさんはこう証言した。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1545文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集