メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋を(2) 踊り続けるベテラン・ダンサー 元ボリショイ 岩田守弘さん

 しゃがれた歌声と悲しげなギターの音色に合わせて、小柄な日本人ダンサーが踊り始めた。鋼のような筋肉が体を覆い、無数の視線を吸い寄せる。踊り出しはあたかもパントマイムのようだ。右手を天に突き上げ、人さし指を振って「違うよ」とのポーズを取る。一つひとつの動きが曲と調和し、ステージに力強い空間を作り出していた。

 舞台に立つのはバレエダンサーで、今では芸術監督も兼ねる岩田守弘さん(48)。普段は東シベリアの都市…

この記事は有料記事です。

残り2977文字(全文3180文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです