メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

イッテQ!は番組でウミを出して ファンは打ち切り望んでいない

「イッテQ!」のやらせ疑惑で謝罪する日本テレビの大久保社長=東京都内で2018年11月15日、犬飼直幸撮影

 週刊文春のスクープ「文春砲」連発による日本テレビ日曜夜の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」騒動は、日本民間放送連盟(民放連)会長を務める日テレの大久保好男社長が15日に謝罪するという事態にまで追い込まれた。

 大久保社長は、企画の当面休止を発表するとともに、さかのぼってこれまでの企画を調査することも明らかにした。また、日テレの最初の説明にあった「番組から賞金を渡した事実はない」を誤りと認めたが、「やらせ」や「でっちあげ」ではないかとの指摘に対しては、「その意図はありませんでした」と否定した。

 第一報後の11日の放送では、この件にまったく触れなかったが、大久保社長の発言を受け、18日の放送で…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1413文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです