メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

風疹の予防接種を=今井美津子 /北海道

 首都圏を中心に今年、風疹が流行している。国立感染症研究所によると4日までの全国の患者数は昨年の20倍の1884人に上り、道内でも札幌市などで14人が確認された。患者の大半は30~50代の男性という。

 妊婦が風疹に感染すると、胎児に心臓病や白内障、難聴などの重い障害が生じる可能性がある。特に妊娠初期の感染は発症率が高く、妊娠1カ月で50%以上という。

 私は4月に次女を出産した。妊娠中に流行していたら、恐ろしくて外出をためらっていただろう。抗体が少なかったため、出産後に予防接種を受けた。40代の夫は感染したかどうか記憶があやふやで、先日、予防接種を受けた。費用は5000円~1万円程度かかるが、「これで感染を防げるなら」と本人は満足げだった。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです