メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北信越高校駅伝

「平成最後 全力で」 富山で開会式 きょう号砲 /新潟

 男子第55回、女子第31回北信越高校駅伝競走大会(北信越高体連など主催、毎日新聞社後援)は17日、富山県黒部市の市総合体育センターで開会式があった。北信越の各県大会で3位以内に入った男女各15チームが顔をそろえ、富山商(富山)の大毛利雪衣選手(3年)が「平成最後の大会を全力で走り抜きます」と選手宣誓した。

 大会は18日、市総合公園を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで競う。女子は県大会の優勝校を除く最上位校も、12月23日に京都市である女子第30回全国高校駅伝競走大会に出場する。【青山郁子】

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです