メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県大会決勝 和歌山工、逆転トライV 26-22、激戦制し花園切符 /和歌山

【和歌山工-近大和歌山】優勝を決め抱き合って喜ぶ和歌山工の選手たち=和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で、砂押健太撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)の県大会決勝が17日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場であり、和歌山工が26-22で近大和歌山を降し、4大会連続24回目の全国大会出場を決めた。前半は攻守がめまぐるしく入れ替わり、近大和歌山が3点差をつけて折り返したが、和歌山工は後半、粘り強く攻め続け、逆転トライを奪って花園切符をつかんだ。全国大会は12月27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。【後藤奈緒、砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです