メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

大谷翔平 メジャー元年(その1) 批判封じた規格外

9月26日のレンジャーズ戦、22号決勝ソロを放ちベンチで仲間から祝福される大谷=スポーツニッポン新聞社提供

 二つの表情の違いに、目を見張った。

 チームカラーの赤を基調とし、至るところに「A」のロゴがちりばめられた、米大リーグ・エンゼルスのクラブハウス。試合前、陽気な音楽が流れる中、選手たちがトランプや携帯ゲームなどに興じ、つかの間の癒やしの時間を楽しむ。今季から一員となった大谷翔平投手(24)も、Tシャツ姿でリラックスし、ハイタッチを交わしながら仲間と談笑している。「ルーキーイヤー」ながら、もうすっかりチームに愛され、なじんでいるようだ。

 8月7日、カリフォルニア州アナハイムにある本拠地・エンゼルスタジアムでのタイガース戦。スタンドでは…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです