メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフラの腐食

AI分析で予測 点検の効率化目指す 物材機構など開発

気象データとAIによる腐食予測図の例

 鉄の腐食と気象データなどとの関係を人工知能(AI)で分析し、腐食量を推定する手法を、物質・材料研究機構(物材機構、茨城県つくば市)などの研究チームが開発した。近年老朽化が問題となっている橋などインフラが腐食しやすい場所を特定し、効率的な点検につなげる狙いがある。

 橋桁などに使われる鉄鋼は、水や塩分にさらされ続けていると腐食しやすい。だが、雨などで塩が流されさびにくくなることもあり、海岸線からの距離や気温や湿度など特定の気象データだけで腐食状況を予測することが難しかった。

 同機構は2013~14年、千葉県銚子市や福岡市など全国6地点に試験用の鉄板を設置し、板がどれくらい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです