メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「安息の地」へ

同時進行ルポ 16日・ティフアナ そびえるフェンス

メキシコと米国の国境に立つフェンス。向こうの米国側では、不法入国を阻止するための補強工事が進む=メキシコ北西部ティフアナで11月16日、山本太一撮影

 治安悪化と貧困を逃れ中米諸国から米国を目指す移民集団「キャラバン」は、メキシコ北西部にある米国との国境の街、バハカリフォルニア州ティフアナに相次いで到着し約3000人が一時滞在している。参加者たちは、太平洋岸の砂浜にそびえる高さ5メートルの国境フェンスを訪れては、目指してきた米国側に広がる「安息の地」を眺めた。そこでは銃を持った米当局者に警護され、作業員が不法入国を防ぐフェンスの補強工事をしていた。

 フェンス周辺には、国境を一目見ようとキャラバンの家族連れが集まり、波打ち際では子供たちが水をかけ合…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです