メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米ポートランド ベネフィット・コーポレーション 貢献が企業の目的 環境配慮50カ国で認証

Bコーポレーションのスーパー「ニュー・シーズンズ」で売られるバナナは、売り上げの一部がメキシコやエクアドルに寄付される=米西部オレゴン州ポートランドで2018年8月、清水憲司撮影

 米国発の新たな企業形態である「ベネフィット(Benefit)・コーポレーション」が、世界に広がりつつある。営利企業でありながら、従業員や取引先、地域、環境に対する貢献を企業目的にしている。基準をクリアして第三者機関の認証を受けた企業は、「Bコーポレーション」と呼ばれる。約100社が集まる米西部オレゴン州ポートランドで取材した。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです