メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米ポートランド ベネフィット・コーポレーション 貢献が企業の目的 環境配慮50カ国で認証

Bコーポレーションのスーパー「ニュー・シーズンズ」で売られるバナナは、売り上げの一部がメキシコやエクアドルに寄付される=米西部オレゴン州ポートランドで2018年8月、清水憲司撮影

 米国発の新たな企業形態である「ベネフィット(Benefit)・コーポレーション」が、世界に広がりつつある。営利企業でありながら、従業員や取引先、地域、環境に対する貢献を企業目的にしている。基準をクリアして第三者機関の認証を受けた企業は、「Bコーポレーション」と呼ばれる。約100社が集まる米西部オレゴン州ポートランドで取材した。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです