メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米ポートランド ベネフィット・コーポレーション 貢献が企業の目的 環境配慮50カ国で認証

Bコーポレーションのスーパー「ニュー・シーズンズ」で売られるバナナは、売り上げの一部がメキシコやエクアドルに寄付される=米西部オレゴン州ポートランドで2018年8月、清水憲司撮影

 米国発の新たな企業形態である「ベネフィット(Benefit)・コーポレーション」が、世界に広がりつつある。営利企業でありながら、従業員や取引先、地域、環境に対する貢献を企業目的にしている。基準をクリアして第三者機関の認証を受けた企業は、「Bコーポレーション」と呼ばれる。約100社が集まる米西部オレゴン州ポートランドで取材した。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです