メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ビックカメラ 形も中身も「大きく」

ビックカメラのロゴ

 1978年に東京・池袋でカメラ販売店として創業した家電量販店。社名の一部を「ビッグ」ではなく「ビック」としたのは、創業者である新井隆二会長のこだわりがあった。

 新井氏は若いころ、インドネシア・バリ島などを旅行した。現地の若者と意気投合し、ヤシの木登りで速さを競い合うことに。勝負に勝った新井氏は「You bic!(ビック)」と称賛された。「ビック」は現地のスラング(俗語)で、「形が大きい(big)だけでなく、中身を伴った大きさ」という意味だと教えられたという。創…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです