連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

ビックカメラ 形も中身も「大きく」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビックカメラのロゴ
ビックカメラのロゴ

 1978年に東京・池袋でカメラ販売店として創業した家電量販店。社名の一部を「ビッグ」ではなく「ビック」としたのは、創業者である新井隆二会長のこだわりがあった。

 新井氏は若いころ、インドネシア・バリ島などを旅行した。現地の若者と意気投合し、ヤシの木登りで速さを競い合うことに。勝負に勝った新井氏は「You bic!(ビック)」と称賛された。「ビック」は現地のスラング(俗語)で、「形が大きい(big)だけでなく、中身を伴った大きさ」という意味だと教えられたという。創…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集