メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

紙面もネットも「デジタル毎日」 パソコン、スマホ、タブレットで 医療プレミアが人気 役立つ感染症情報お届け

予防法は?発症したら?疑問解決

 急増する風疹患者、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で知られるようになった、おたふくかぜが原因のムンプス難聴、流行期が迫るインフルエンザ--。どう予防するか、発症したらどうすればいいか。デジタル毎日の「医療プレミア」(https://mainichi.jp/premier/health/)は、感染症に関するさまざまな情報をお届けしています。

     ■風疹うつさないためには

     今年の風疹患者が累計で1884人(4日現在)になりました。その多くは30~50代の男性。理由は、この年代の男性の多くが風疹の予防接種を受けておらず、風疹抗体を持っていないからです。

     風疹は「感染力が強く、十分な抗体を持っていなければ他人のくしゃみやせきから誰もが簡単に感染する」という特徴があります。そして、妊娠初期の女性が風疹ウイルスに感染すると、子どもに先天性風疹症候群が表れる恐れがあります。生まれてくる赤ちゃんに心臓病や難聴、白内障など重い障害が出る可能性があるのです。

     今もっとも大切なことは、職場や電車、家庭内で「妊娠可能性のある女性」もしくは「妊娠初期の女性」に風疹をうつさないこと。特に30~50代の男性は、抗体検査を受けるか、すぐに風疹ワクチンを接種して感染の可能性をなくしましょう。

     ■インフル新薬が注目

     インフルエンザの流行期も近づいています。年によってばらつきはあるものの、過去10年ほどの流行状況を分析すると、おおむね年明けから流行が始まり、1月末~2月ごろに大きな流行が起きます。この時期に照準を合わせ、大人は11月終わりごろに接種を受けると、12月半ばごろから効き目が表れます。また子どもは免疫がつきにくいため、2回の接種が必要。10月末ごろに1回目、約4週間後の11月末ごろに2回目の接種をするのが理想的です。

     今年から本格的に使われる新薬「ゾフルーザ」も注目されています。細胞内でウイルス増殖を抑える働きがあるため、服用1回でウイルスが排出されます。特集記事「服用1回で効果 インフル新薬『ゾフルーザ』とは」では、今年3月に発売されたこの新薬の特徴を詳しく紹介しました。

     ■ワクチンで防げる病気

     今年度上半期のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロイン楡野鈴愛(にれのすずめ)は、子どものころのおたふくかぜが原因で「ムンプス難聴」になったという設定でした。実際に、おたふくかぜにかかった人の数百~1000人に1人が発症すると言われる病気。子どもだけではなく、大人の発症も珍しくありません。

     有効な治療法はなく、おたふくかぜのワクチン接種が唯一の予防法ですが、接種率は3~4割程度。「今はワクチンで防げることをぜひ知ってほしい」と訴える専門家の声を、特集「『半分、青い。』のムンプス難聴はワクチンで防げる病気」でお伝えしました。

     今後もさまざまな感染症の流行が繰り返されるでしょう。病気の特徴を知り、ワクチン接種で流行を抑えられるよう、大人や子どもに役立つ情報を随時お伝えしていきます。ご期待ください。


    10~11月に読まれた連載記事・特集

     (1)「知らぬ間に依存も」子どもに禁止のせき止め薬

     (2)おならが「臭い」「回数が多い」ときは要注意!

     (3)コーヒーが作る「健康と友人と豊かな人生」

     (4)再考 梅毒が「急増している」本当の理由

     (5)日本で感染増!非加熱サワガニに潜む「怖い肺吸虫」

     (6)世界で最も恐ろしい生物とは?

     (7)アルコール依存と闘った戦場カメラマンとその妻

     (8)関東で風疹拡大「30~50代男性は要注意」の理由

     (9)「私のご飯はまだですか?」を繰り返す本当の理由

    (10)医師がインフルエンザの検査を勧めない理由


    全国高校eスポーツ選手権が熱い! 特集ページで出場校紹介

     eスポーツを楽しむ高校生を応援し、日本の新しい文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社主催、サードウェーブ共催)は、12月からオンライン予選が始まります。特集ページ(https://mainichi.jp/ch181016070i/)では、大会の情報や出場を目指す高校生らを随時紹介しています。

     eスポーツは「エレクトロニック(電子)・スポーツ」の略称で、コンピューターゲームの格闘技やシューティングなどの対戦型ゲームで競います。

     大会を機に、eスポーツ部を創設した高校もあり、これまでに計80チームの出場が決定。激戦必至の予選突破へ向け、各校とも練習に熱が入っています。

     大会は、リーグ・オブ・レジェンドとロケットリーグの二つのゲームで競います。12月にオンライン予選があり、準決勝、決勝は幕張メッセ(千葉市)で来年3月に行われます。


    サイトで簡単登録

     紙の新聞とデジタルを両方楽しむためには「宅配購読者向けのプラン」にご登録ください。パソコン(PC)、タブレット、スマホのいずれでも簡単に手続きできます。

     毎日新聞のニュースサイト(https://mainichi.jp/)の画面右上にある「デジタル毎日申し込み」の文字をクリックし=写真<1>、開いた「デジタル毎日総合案内」ページで右下の「デジタルと紙の新聞両方楽しみたい方はこちら」=<2>=から、無料プランかプレミアムプランかを選択して、「お申し込みはこちら」に進んでください=<3>。毎日IDをお持ちの方はログインして、まだの方は毎日IDを取得後、手続きを進めてください。


     タブレットやスマホの方は、二次元コードから「デジタル毎日」案内ページにアクセスできます。

     お問い合わせは

     愛読者センター 0120・949・528

     携帯電話・PHS050・5855・1410

     平日午前10時~午後5時(土日祝日は除く)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
    2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
    3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
    4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
    5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです